投稿日:

普通の化粧水と拭き取り化粧水は何が違う?

普通の化粧水は、洗顔後に、洗顔で失われた水分を補給するために、潤わせる目的でつけますよね。それは洗顔後に肌を保湿することや、使う化粧水の効用によっては、美白などを促進させたりする目的で使います。それに対し、拭き取り化粧水は、汚れや古い角質を取り除く効果を求めて使います。たとえば洗顔をしないときに、拭き取り化粧水を浸したコットンで、顔を拭き取り、洗顔の代わりとしたり、マッサージクリームで顔をたっぷりマッサージしたあと、洗顔の前にその油分を含んだクリームを拭き取る目的で拭き取り化粧水を使って、取り除いたりします。また、洗顔で落としきれなかった目や唇などに残りがちな、マスカラやアイライン、口紅などをしっかり落とすために普通にクレンジングをし、洗顔をしたあと、拭き取り化粧水で拭き取って、顔のくすみを防ぎます。古い角質は、なにもお手入れしないと、どんどんたまってしまうので拭き取り化粧水によってその角質を取り除いたり、普段の生活で、ストレスや睡眠不足、紫外線、加齢などで乱れがちなターンオーバーを整えるために、使用します。

拭き取り化粧水のメリット

 

普段、ちゃんと洗ってるつもりでも目の端にあるマスカラやアイラインの黒ずみ、唇のしわに入ってしまう口紅をただティッシュなどで拭き取るとお肌には刺激になり、しわや乾燥の原因となってしまいます。しかし、拭き取り化粧水を使うことによってやさしく取り除くことができるので、肌がくすまないような効果があります。また拭き取り化粧水によって、古い角質や汚れを取り除くなら、加齢や睡眠不足、紫外線などで乱れてしまうターンオーバーが整えられ、肌に透明感が出ます。健康的なイキイキとしたお肌に保つことができるのです。疲れてしまったり、加齢などによって、お肌のターンオーバー、つまり新陳代謝の働きがわるくなると、古い角質がお肌にどんどん蓄積してしまいますが、それはシミや、乾燥、などのお肌のトラブルにつながります。拭き取り化粧水を使うなら、保湿しながら、補いを残しつつ、ふきとることができるので、肌の入れ換えを助け、その後につける化粧水や美容液などが浸透しやすくなります。

拭き取り化粧水の注意点

一般的な、ピーリングよりは、お肌にやさしく、化粧水の潤いもありますので、刺激は強くありませんが、それでも酸性で、保湿や水分補給を目的とする普通の化粧水とは異なり、汚れや古い角質を除去する働きをしますので、使う頻度や使い方を注意する必要があります。毎日何度も使ったり、生理中などお肌が敏感なときなどは、かえって刺激となり、お肌にとって、逆効果となってしまうかもしれません。負担が増えてしまうような頻度、期間などは控える必要があります。またごしごしとこすったりするなら、それもお肌が痛んでしまいますのでやさしく拭き取りましょう。そして、手でするのではなく、専用の化粧水用コットンなどで拭き取りましょう。拭き取ったあとは、必ず、化粧水などで保湿し、水分で蓋をしましょう。そのあとで、美容液や保湿性のあるクリームを塗るなら、浸透し、いつもより効果を発揮することでしょう。

一番いい拭き取り化粧水の選び方

 

今、自分が使っていて、お肌の合っていると思える同じブランドシリーズで、拭き取り化粧水が市販されているなら、それはお勧めしたいと思います。でも、自分が使っている化粧水と同じブランドに、拭き取り化粧水がないなら、他の人の口コミなどを参考にしてみることもできますね。その際、入ってる成分を必ずチェックしてください。もしかすると、肌にとって強い、刺激のある成分を使っているものもまれにあるためです。初めて使うときや乾燥肌のひとはヒアルロン酸などの保湿成分がしっかり入った拭き取り化粧水は、拭き取ったあと乾燥させず、刺激をカバーする助けをしますからお勧めしたいと思います。その他、化粧品カウンターで、自分の肌質をお話しして、それにあった拭き取り化粧水を薦めてもらうことももちろん良いと思います。プロは、必要な成分の入った、自分に合ったものをチョイスしてくれるはずですから。